フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« >映画< 「ヒックとドラゴン」~劇場鑑賞~ | トップページ | 美味しい葡萄を頂きました♪ »

2010年8月25日 (水)

*映画*「カラフル」~劇場鑑賞~

ヤフー映画のレビューには字数制限2000文字があったので、削った部分は一番最後に追記してます。

335873view001

-------------------------以下、レビューです↓

予告編を観たかぎりでは、それほど観たいとは思わなかった。
その後、このアニメの監督は原恵一さんだと知った。

Σ( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!

あの原恵一さん!!!これは観て損はないぞ!!
っていうか、是非鑑賞したい!

そんなわけで、数少ない試写会に応募したけど(妻が)当選しなかったこともあって。
劇場へと足を運びました。

335873view002

こ・・・これは!

「告白」とはまた次元が違うというか、描きかたが違うだけのようでした。
アニメという世界でありながら、実写では描けない部分を上手く見せているように感じた。

一度死んだ人間が、違う人の身体を借りて(ホームステイ)やり直す(修行)するというもの。
冒頭からして、ファンタジックなイメージです。

とーころがどっこい。

その抽選で選ばれた他人の体に入ったところからは、何処にでもある中学3年生のリアルな日常が描かれる。
ほんとうに、どこにでもいるような家族や中学校生活が妙に生々しい。

物語に入りやすいけれども、ありのままの日常を見ているのは・・・実はけっこう重たくて精神的にきつい。
まだファンタジー的なものであれば気楽に見ることができるのだが。

そうなんです。

身体を借りてホームステイしている主人公の小林真が自殺しているということ。
何故、自殺してしまったのか・・・。
その謎解きから紐解かれるもの。

家族、友達、先生、色々な人が関わっていて人間は生きているということ。

その過程の描き方、見せかたが素晴らしい。
まさに原恵一監督じゃなければ、ここまでの完成度にはならなかったと思う。

その手腕を見せ付けられるのは、冒頭の町並みだったり。
あるいは、玉電が走っている回想風景だったり。

いや・・・この電車の場面が実写に勝るとも劣らない描き方で綺麗だったよ^^

劇中で使われている音楽も、現代の中学生が共感できるものをセレクト。
これがまた最高にマッチングしている。

一番の見どころは・・・レビューされている皆さんも書いておりますが、あの食卓です。
客席のあちらこちらから、すすり泣く声が聞こえてました。

335873view003

実は、この映画を観たあとに原作本を読んでみた。
原作もそのまんま面白いし、色々考えさせられますよ。

映画はほぼ原作どうりではあるけれど、設定は若干変えていますね。
ここは脚本を書いた方の手腕もあるでしょう。
(時間的な制限もありますし)

原作そのままでは、かなり毒がキツい描写になったと思う。
そういう意味では若干和らげた脚本になっていたことが正解であり、原恵一監督も納得して作品に取り組めたのではないかな。

「告白」とは違うかもしれないけれど、この作品も同じ中学の多感で不安定な精神状態を絶妙な表現で表している。

単なる娯楽アニメではない、どちらかというと社会派的でしっかりとしたメッセージや原作者、監督さんの思いが込められた作品。
過去、中学時代に同じように思い悩んだ方、まったく当てはまらなくても近いものを経験した方。

大人になった私でも心の奥底に閉じ込めて封印していた中学生時代を少しえぐり出された気分になる。
けっこう重たい内容の作品ではあるけれど、上手にまとめられていてラストはちょっと爽やか。

335873view005

久々にレビュー文字制限に引っかかりそうな勢いでとりとめなく書いてしまいましたが^^;
それほど、この作品は多くの方々に観て欲しい作品。

大人はもちろん、まさに中学生以上の若者に観て欲しい作品。
人生はカラフルです!色々な色を持った人間でいることがいいんだよ!

いい作品をありがとうございました。

評価、もちろん★5個です。

----------------------以下、削った部分を追記↓

最後に、色々言われていますが。
母親役の麻生さんの声優ぶりですが、まったく違和感なかったですよ。
原作者のかたもイメージに一番近かったと言われているそうだ。

宮崎あおいも、お見事!
やはりキャスティングも監督の仕事ひとつであって、いいかげんな選び方をしていないことが覗えます。

客寄せじゃないか?と思えるようなキャスティングも世の中にあるのも事実。
けれども、この作品は原作のイメージを壊すことなく、監督の考えに合ったキャスティングをしっかり行っている。

プロの声優が良い場合もあるけれど、いつも同じ声優さんでは作品が活きてこないと思う。
「あれ?この声って、あの作品の人だよね?」とか。
「( ̄~ ̄;) ウーン・・・この声・・・あのキャラクターのイメージが強すぎて興ざめ」とか。

ケース・バイ・ケースで、その作品に合ったキャストをするのが監督の仕事。
しいては、いい作品をお客さんに観て欲しいという信念があることのほうが重要ではないだろうか。

***********

(余談)
ちなみに、2000年に実写化された映画があったみたいですね^^;
原作本の巻末に阿川佐和子さんが書かれていました。
彼女自身が母親役として初女優で出演されてるみたい(ここ、笑っていいのか?w)
レビューも少ないし評価もイマイチみたいですが(汗)

« >映画< 「ヒックとドラゴン」~劇場鑑賞~ | トップページ | 美味しい葡萄を頂きました♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちゎ
カラフルで検索してお邪魔しました。
うちにも中学3年生の女の子がいまして~
もう!
ほんと難しいんです
夕飯なんて作っても部屋に持ち込んで一緒に食べることも少ないし。
一緒に食べようと思って鍋にしても自分の分だけ取り分けてサヨナラだし。
訳わかんないですょ

どらねこさんはお子さんいるんでしょうか?
奥さんといつも映画行くんですか?
仲がいいと言うか、話しすることありますか?

うちなんて、ダンナと話すことなんてないし、あっても子供の愚痴だけだし。
あ・・・はじめてなのにすみません

なおちきさん★

いらっしゃいませ^^
うちの奥さん、↓下のトラックバックにある「ねこだまり」のブログ書いてます(笑)
子供のこと色々書いていますので、よろしければ訪問していただけると幸いです。
うちら夫婦は映画という共通の趣味で知り合ったし、同じく猫大好き人間なのでね^^
一緒に試写会も行くし、もちろん映画館にも行くし。
やはり共通の趣味あると会話が増えますよ~♪
ではでは。

トラバ、送って下さってありがとうございました。
なぜか、スパムの方に入っていまして~
遅ればせながら、今「反映」させました。
私からも、よろしくお願いします。

声優がプロじゃないという事で
「観る気が失せた」っていうレビューだらけ・・・
何で~!?と、思っていたら
どらねこさんの心強いレビュー
麻生さん、よかったよね。
お母さんの過去を許せない(と言うか、何で?)以外
ホント運素敵な作品でした。

原作読んでみようと思います、「あとがき」も・・・

ほしママさん★

ええ?何故にスパム?(笑)
無事にトラバできて良かったです^^;

声優の件は一言申したいと思っていたんですよ。
あの1行レビューは全部プロ声優の妬みですよね。
たしかに自分たちの飯が食えなくなるのはあるかもですが。
全部同じプロの声優がやっていたら、映画の質が向上しないですよ。
観客にいい映画を観てもらう信念があるか無いかだと思います。

あ・・・原作も是非読んでみてくださいな^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: *映画*「カラフル」~劇場鑑賞~:

» *映画* 『カラフル』~劇場観賞~ [ねこだまり・・・Happy Garden]
劇場の予告編 「おめでとうございます!!」 の軽やかな声で始まる何やら胡散臭げな [続きを読む]

» 『Colorful』 試写会にて鑑賞 [ほし★とママのめたぼうな日々♪]
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』 『河童のクゥと夏休み』 どちらも劇場鑑賞を逃したのが 本当に残念だったので、原監督作品と聞いてからは 久しぶりに「試写会応募」に燃えました! おかげで、当選 \(~o~)/ \(~o~)... [続きを読む]

« >映画< 「ヒックとドラゴン」~劇場鑑賞~ | トップページ | 美味しい葡萄を頂きました♪ »

最近のトラックバック