フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年5月

2011年5月11日 (水)

往復2,000kmの旅

ゴールデンウィーク、皆さんどう過ごされましたでしょうか。

私は前半の29日と3日は休日出勤。
2日は会社自体が出勤日。

6日も出勤日だったのですが・・・実家に帰省するために有給休暇取りました。



とっても忙しいGWになりました。

4日は私学のイベントがあって、どうしても参加必須。
午後3時過ぎまで拘束されて・・・それが終わってから夕方に岩手県目指して車で出発。

子供たちは留守番、夫婦二人だけで交代しながら運転。

行きの東名は断続的に渋滞・・・Uターンも始まっていたらしいです(汗)

なんとか日付が変わるころに都内の首都高に入ったら車はスイスイ♪
東北自動車道もまったく混雑することなくスイスイ♪



が!福島県あたりから岩手までほぼ全域で80キロ規制。
路面がうねっているんです。
盛り土したところと、コンクリート構造物の橋などとの繋ぎ目に段差が!
補修してはいるものの、不十分な個所も多くて段差越えるたびに衝撃が!!

路肩のアスファルトがひび割れたままの個所も頻繁に目にしました。



そんなこんなでお昼に岩手の実家に無事到着。

温泉につかってのんびり過ごして・・・翌日、何十年ぶりかに卒業した小学校を見てきました。

ほぼ・・・36年ぶり??(笑)

Img_0152_3

当時はまだめずらしかった鉄筋コンクリート校舎。

すっかりリフォームされて綺麗になっとる。

Img_0151_2

低学年がいた古い木造校舎を壊して小さめの校舎と体育館を作ったようです。

Img_0150

すぐ隣には神社と天然記念物の藤棚。

通っていたころは学校も校庭も道路も大きく感じたのに。

今見ると・・・「え!こんなに道狭かったっけ??」



とか。



大人になると見える景色がずいぶん違うんだなと。

--------------------------------------

名古屋への帰り道。

18年住んでいた宮城県の状況が気になっていたので・・・。

高速道路をちょっと迂回してみました。

仙台東部道路と仙台南部道路を経由。




東部道路から南部道路に繋がる付近から見えた景色に絶句!

報道写真やニュース映像とかで見るのとはわけが違う。

広い田園風景にあってはならない瓦礫とか車。

さらには・・・防風林となっていた浜辺にあった松の木の大木が根っこから波にさらわれて田んぼに同じ方向(津波の方向)におびただしい数で並んで横たわっている。

「言葉を失う・・・」

まさにこのことを言う。

高速道路からほんのちょっと垣間見えただけでもこれだけの衝撃。

いったい・・・沿岸地区は・・・。

無理です。

------------------------------------

ちょっとブルーな気分にはなりましたが。


両親の元気な顔を見れたことで安心したし。

往復2,000kmの長旅、無事に帰ってこれましたことに・・・感謝です。

2011年5月 1日 (日)

生きていることの幸せ

皆様ご無沙汰しております。

東日本大震災の前・・・3月6日の日記からしばらく書いておりませんでした。
しかも、あれほど好きだった映画もさっぱり。
レビューもまったく書く気にならず。

ここにきて、GWの休みもあり久々に書いてみることに。。。

地震・・・とにかく色々大変でした(精神的に)
会社で仕事してたときに酔ってしまいそうなユラユラ揺れに。
長い揺れに・・・これはどこかで大きな地震じゃないか?と推測。

同僚の方が携帯(スマートフォン)で速報を見てくれた。
「宮城県で震度7だって!」わが耳を疑った。
これはやばい!

何しろ宮城県には4年前まで18年間住んでいたところ。
しかも仙台には単身赴任の兄もいる。
実家は岩手で盛岡には妹もいる。

どこに電話しても携帯はつながらず。
そんな中、過去の地震(宮城内陸地震)とかでもメールは比較的送れることを聞いていた。
とりもなおさず、それぞれに安否確認のメールを送信。
夜になっても返事は来ない。
自宅に帰ってから妻に言われた一言。

「メールはセンターでいったん保管した状態らしいよ」

え?

「新着確認でメールを取りにいかないとダメらしいよ」

なんですとーーー!!

早速新着確認したら・・・。
あらあら、みんな返信きてました。

ただ、実家だけは普通の固定電話しかなく。
なにせ年老いた両親二人だけですから。
停電で電話がつながらず状態(三日間)・・・だったらしい。

とりあえず、無事とのこと。
皆、内陸に住んでいるので津波の被害もなく。


--------------------------------------------




身内は無事でしたが・・・その後の津波の凄まじさには言葉にならないほど。
18年間住んでいた宮城県。
松島、石巻、名取、仙台空港、相馬、などなど。
何度も車で通ったことのある風景や景色。

当時勤めていた会社の社員にも石巻在住の方が多数おられた。従業員の方々は会社にいたでしょうが、ご家族は・・・。

当時の同僚と連絡とろうと思えばとれないこともないですが。
聞くに聞けずに現在に至っています。
逆に・・・ちょっと怖くて聞けない。

協力工場が石巻の門脇地区にありました。
その方々は・・・無事なんだろうかと。


ニュースでも色々と報道されていますが。
とにかく、東北人は忍耐強いんです。

何日もおにぎりだけの食事・・・何日もお風呂に入れない。
都会の人間は耐えられないかもですが。
年配の方が多いところ・・・昔の貧しい暮らしを経験している。

ほんとうに我慢強い人が多いです。

新聞やネットの記事を読んで・・・何度涙を流したことか。

このGWの休み。
なんとか都合つけて岩手の実家に帰省してきます。
途中、宮城の海岸線に立ち寄りたいと思ったのですが。
なにしろ車での超長距離移動。
時間的にかなり厳しいので無理そうです。

ニュース映像や写真で・・・なんも無くなっている状態。
「ああ・・・あの付近にはたくさんの人が住んでいたはず・・・」

胸が締め付けられそうです。






そんな中、印象に残っているのが春の選抜高校野球。
選手宣誓の言葉が素晴らしく。
思わず涙がこぼれそうになりました。


私が数年前から言っている言葉。



「生きていることに感謝」



-----------------------------------




さてさて、ずいぶんと湿っぽくなってしまいましたが。
子供たちの学校関係、子供会、父母会、などなど・・・今年は今まで以上に忙しくなりそう。

元々あまり社交的ではない私。
神様がお勉強しなさいと言っているんじゃないかと。
人とのつながり・・・今更ながら大事なんじゃないかと思い始めた今日このごろ。

できるところからやりましょうかね。





そんなわけで、元気です^^


次回の更新はいつになるかわかりませんが
それまでごきげんよう♪

« 2011年3月 | トップページ | 2011年8月 »

最近のトラックバック