フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月29日 (火)

「今日の気づき」

こんばんは  ←こんな絵文字?使うの・・・やっぱこっぱずかしいかもw


それはさておき、本日発見した新たな”気づき”はこれです。


今朝、地下鉄の中でツイートしましたので、知っている方もおられるだろう



朝の通勤電車は大学生がわんさかでけっこう混雑します。

まあ、東京圏の地獄ラッシュに比べたら天国ですが。

あれは死にますよね



名古屋は比較的楽です。



そんな通勤途中、乗り込んだ駅で隣に一緒につり革につかまっていた年配のご婦人。

還暦を超えたくらいかな?

まだまだ元気な様子だったので、私は特に気にも留めていなかった。

目の前の座席には50歳代のサラリーマンが本を読んでいる。

もちろん、ご婦人に気が付くわけもなく。

隣には女子大生が暑そうに汗を拭いていた。

もちろん、彼女はご婦人に気が付いていただろうけど、どこ吹く風。





1駅過ぎて、二つ目の駅だったかな?



なーんと!



ご婦人の斜め後ろに座っていた大学生のお兄さん!



席を立ってご婦人に譲りました!!!!



いや!びっくり!



目の前じゃないのに、3歩くらいある距離にいたのに。



思わず感心しちゃった



そしたらね。



ご婦人の目の前に座っていた女子大生。

上目で大学生のお兄さんを見上げました。



睨んだという感じではなかったようでもあるんだが。



顔には・・・「まるであたしが悪者みたいじゃん?フン!


と言ってそうだったけど




まあ、ここまでは普通にあった出来事なんですね。




ここからが、私が本日”気づいた”ところをご披露。




まず1点目。



もしもあの女子大生の代わりに私が座っていたら?

たぶん、ご婦人に気が付かないで携帯いじっていたかもしれません。

仮に気が付いたとしても、「元気そうだから大丈夫だろう」

なんて思っていた可能性ある。



2点目。


もしも、あの大学生のお兄さんの位置に私が座っていたら?

絶対こう思っていたはず。

「遠いし、目の前に座っている人がなんとかするべきじゃん」




いや。。。。これはいかんです。

まだまだ私は修行が足りません。

あの大学生のお兄さんにも及びません。



駅を降りて会社へ向かう階段を登りながら、恥ずかしい気持ちになりました。

周りの目を気にしてはいけません。

人として周囲の人に”愛”を持って奉仕しなければなりません。

判ったつもりでいたかもしれませんが、まったく実践できていない。




そんな自分に”気づく”ことが出来た朝の出来事でした。




以上です。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜「全ては原点・基本に帰る」

「あなたの良いところ」裏事情

みなさま、こんばんはm(__)m



昨日アップした記事の裏事情を簡単に説明しましょ。




翔太は今年から中学生。


ずいぶん背も伸びたし、声も少し太くなりつつある。


靴のサイズも私を超えました。

って、私が小さいんだけどね^^;

ぴったりサイズが24.5cmなのだ。

翔太は25.5cm。



ん?ここはどうでもいいって?←(妻の一言)



それでだ。    うん。



最近、「自我」が出始めているんですね。



よく言う、難しいお年頃?反抗期?



世間一般にあるようなことは無い我が家。


でも、油断は禁物です。


自分の態度が周りにどういう影響を及ぼすかなど。


よくよく深いところまで考えないと。。。


ですが。


私自身、まだこのことをしっかり説明できるまで腹に落ちていない。

(ごめんなさい、もっと勉強します)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆





お昼ちょっと前に用事が終わって、駐車場に停めていた車に戻った。




なにげに、いきなり妻が切り出した。

「あのねぇ、ママ思うんだけどさぁ~・・・・・・」



という感じでさりげなく、昨日の会話になりました。






さて、何を言いたいのかと。

感情にまかせて、頭ごなしに叱ってはいけない。

又、ことあるごとにガミガミ小言も・・・当然子どもは反発します。

いつも叱るときは、その理由を判りやすい事例を交えて諭します。

なぜ?どうして?物事の原理・しくみを交えながら。

なかなか私には出来ないけど^^;



妻は、子どもたちに幼いころから長い年月をかけて愛情たっぷりに守ってきました。

人様の前に出しても恥ずかしくないように育てることを自負しています。



欠点ばかり指摘して叱っていてはいけません。

良いところ、長所もしっかり認めて褒めなくてはいけません。




子どもは親の「背中」を見て育ちます。


普段から口先だけで、行動を伴わないことをしていてはいけないのです。


子どもたちを導くのは、我々大人・親の責任です。


学校の先生に任せるのではないのです。


大人が変わらなければ、次の世代の子どもたちが成長しません。




ちょっと固い話になりましたが、夫婦ともに同じ価値観でいる我が家。


全てが順風満帆ではありません。


人並み以上の苦労を重ねてきたからこそ、経験から学んだことも多い。


「人生、死ぬまで勉強の連続」


私も数年前よりは、ずいぶん変化しました。(老化もw)


まだまだ人生の先輩方からすればひよっこです。


「いい人生だった・・・」 と言えるように精進です^^;





さて、今日はこのくらいで。






サヨーナラー(_´Д`)ノ~~





★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜「全ては原点・基本に帰る」

2012年5月27日 (日)

「あなたの良いところ」

今日は、用事があって豊田方面へお出かけ

長男は学校関係の用事があるので、次男と妻の3人。


その道中に、車の中で出た会話。


妻 「翔太(次男)の良いところ、誇れることだから大事にしていきなさいね」


何が良いところなのか



妻 「学校とかでクラスメートが喧嘩とかいさかいしているところに、いつも割って入って止めているでしょ?」



おー!その話は前から小学校の担任の先生から聞いてたな

妻 「止めに入っても、誰も翔太のこと悪く言う子いないでしょ?白けて空気悪くすることもないし」

「それって、誰も備わっているものではなく、翔太が持って産まれた良いところなんだよ」



たしかに、少なくとも私が小学生のときはそんなこと出来ていませんし



妻 「祐樹(長男)の良いところは、ボーっとしているようだけども変なところで人の動きや言動を細かく見て観察しているでしょ?」



妻 「お兄ちゃんらしく、ちゃんと翔太のこと面倒みてくれているし^^」



うんうん、たしかに意外とアンテナが敏感で色々と情報を仕入れているんだよね~



まあ、長男は今の状態まで成長するまで色々ありましたからね

今の私立高校とは違う公立高校に行ってたら、ここまで精神的に成長は出来なかった可能性ありましたから。


その話はそのうちに色々お話しましょうかね。

ちなみに。



私のいいところは。。。。

妻 「いつも冷静でいて、誠実で素直に行動してくれるところかな?」



うひ?何も無いかと思ったら、ちゃんとありました

私が思う、妻の良いところ。




うーーーーーーーーーーん。



「全部がいい!」  って言ったら変だしな

あえて言うならば。




「正義感が強い」

「子供に対する愛情は人一倍強い」

「身内や家族、仕事も含めて関わる人すべてを守りたいと考えていることろ」

「感情にまかせて叱ることをしない」

「原理・原則・規則・道徳に沿った説明を判りやすく子供に言い聞かせる」

「決して家庭内の空気を暗くしないように、常に明るくしてくれる」

「人の悪口、陰口は言わないし、人のせいにしない」


えーっと。。。



きりがないので、このくらいで c(>ω<)ゞ

そんなわけで、家族それぞれに良いところを認め合って話できることって大事なんだと。

しみじみ感じた日でした。



ところで、最近お気に入りの一言がありますので。


しばらくは、この言葉で締め!とさせていただきます。

「全ては原点・基本に帰る」





サヨーナラー(_´Д`)ノ~~

2012年5月 7日 (月)

お弁当箱

皆さま、ものすごくご無沙汰しておりました


あいかわらず公私ともに忙しい日々を過ごしております。

仕事のほうは、就業先の事情で残業なしになってしまい、早い帰宅となってます



それはさておき、うちの奥さんが作ってくれるお弁当の話です



今まで使っていたお弁当箱は、ごく普通のお弁当箱。

これが。。。蓋の内側にゴムのパッキンがありまして。


ちゃんと洗っていても、しばらくすると汚れが取れなくなるんです。

漂白しても取れなくなって。。。



そんなわけで、新しいお弁当箱を買うことに



元々、うちの奥さんはちょっとしたいたずらが好きで



というか、遊び心満載なんですね





そんなわけで。





普通のお弁当箱じゃつまらんと







で。





買ったのが





これ。





02_2





蓋をあけると。。。






01






おにぎり




その下には。。。






00




おかず入れがあるんです




まあ。。。面白いからいいんですけどね

ってことで、変わらず元気でいます。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年6月 »

最近のトラックバック